意味深長な美女は我儘。

ある種「絶世の微笑を湛えた美女」である彼女が1974年4月19日に東京国立博物館にてお目見えした日です。

彼女は4月17日に羽田空港からパトカーに先導され、無事に東京国立美術館に到着。

4月19日に彼女のための開会式が大々的に行われ、彼女は豪勢にも3層構造の防弾ガラスケースに鎮座し、超厳戒態勢の中一般人と初ご対面。

彼女の体調を考え、常に温度18~21℃・湿度50%をキープしたその部屋には、会期中150万人もの一般人が訪れました。
当時の田中角栄総理大臣も開会式で「世界的な美女を心から歓迎する」と挨拶されました。

ま、彼女は「モナ・リザ」なんですけどね。